小浜温泉の特徴といえば、町のいたるとこから立ち昇る湯煙。それは、105℃という高い源泉温度と豊富な
湯量によるものです。温泉の温度と湯量によって求められる熱量は、なんと日本一。
立ち昇る蒸気を利用して食材を蒸し上げる「温泉蒸し」など、温泉の熱量を利用したエコな取り組みもさかんです。

30ヶ所ほどある源泉から、今も湧き出す地球の恵みに感謝しながら…。

大浴場

2つの大浴場があり、男女日替わりとなりますので、夜と朝で2回お楽しみいただけます。
(夜は12時まで、朝は6時よりご利用いただけます)

本館1階大浴場「山頭火の湯」(源泉掛け流し温泉)

本館1階大浴場「山頭火の湯」(源泉掛け流し温泉)

本館1階のロビー奥にございます。
時には立ち上る湯煙に日差しが差し込むことがあり、
幻想的ともいえる雰囲気になります。
小浜温泉に魅せられた文人・種田山頭火に因みました。

別階2階大浴場「茂吉の湯」(源泉掛け流し温泉)

別館2階のエレベーター近くにございます。
橘湾を見渡せる露天風呂も天然温泉掛け流しです。
種田山頭火と同じく、小浜温泉に魅せられた
文人の一人・斉藤茂吉に因みました。

別階2階大浴場「茂吉の湯」(源泉掛け流し温泉)

別階2階大浴場「茂吉の湯」(源泉掛け流し温泉)

展望露天風呂

別館7階展望露天風呂「天空の湯」(循環湯沸かし湯)

別館7階展望露天風呂「天空の湯」(循環湯沸かし湯)

橘湾に落ちる夕陽の絶景を眺められます。
循環沸かし湯ではございますが、
空も雲も波も、一面夕焼けに染まる景色をご堪能いただけます。
男女別で日替わりはございませんので、予めご了承ください。
(温泉ではございません)

【利用時間】

夜は10時まで。
4月~9月 朝6時より          10月~3月 朝7時より

別館7階展望露天風呂「天空の湯」(循環湯沸かし湯)

夕陽の時刻表

空も雲も波も、一面の景色が赤に染まる夕日の頃。小浜の一番美しい時間です。

夕陽の時刻表

※日により変わりますが、日の入りの目安の時刻です。
※記載の時刻の15分前後が見ごろです。

貸切風呂

春陽館には、2つの貸切風呂をご用意しています。
それぞれに特徴が異なりますので、お好みに合わせてご利用ください。
ご到着後にフロントにてご予約ください。
ご利用料金:1回1,200円(45分間)

別館2階の内湯 貸切風呂(源泉掛け流し温泉)

別館2階の内湯 貸切風呂(源泉掛け流し温泉)

天然温泉の湯を楽しみたい方は別館2階の
内湯貸切風呂をご利用ください。
また、スロープに手すりと、バリアフリー設備もございます。

別館7階 展望貸切露天風呂(循環沸かし湯)
別館7階 展望貸切露天風呂(循環沸かし湯)

小浜の町並みを見渡せる景観が爽快です。
お湯は温泉ではなく循環沸かし湯ですので、ご注意ください。

温泉掃除について

今日は45日に一度の源泉掃除の日。

源泉に蓋をして、温泉の通るパイプをについた『湯の花』を掃除するので
ある。この湯の花、温泉中のナトリウムや硫黄の成分が結晶化したもので、
専門用語ではスケールというそうだ。放っておくとパイプの中で目詰まり
してお湯の出が悪くなる。機械を使ってパイプの中を一本づつ削り洗い流し
ていく。これが結構根気の要る作業で、七人がかりででも一日仕事である。
陣頭指揮を執るのは地元の鉄工所の伊藤さん。当館とは親子二代に渡り50年
以上のお付き合い、源泉に関しは知らないことはない『温泉博士』だ。
手際のよいリズムで作業が進んでいく。

陣頭指揮を執るのは地元の鉄工所の伊藤さん。源泉に関しは知らないことはない『温泉博士』。

季節、温度、潮の満ち引きなどにお湯の状態は左右される。

陽が傾く頃、すっかりクリーニングされたパイプは再度つなぎ合わされる。地下約80メートルの湯だまりにコンプレッサーで空気を送り込み圧力をかけていく。
程なくお湯が自噴する仕掛けだが、季節、温度、潮の満ち引きなどにお湯の状態は左右される。なかなか噴きあがらない日もある。
待っている時間が一番長く感じられるものだ。まもなく「湯のあがったぁ。」と声がする。誰もがほっとする瞬間、勢いよく湯柱がたつ。
温泉が生きているから、本物だから手が掛かる。だから身体にも優しい湯の恵みに預かれる。
いつもの様に、源泉掃除がすむと、職人さん達は最後の仕事といわんばかりか、自らの体を湯舟に浸し、お湯の感触を確かめる。
一番風呂は彼らの特権でなのである。「今日もよか風呂やったぁ。」

春陽館

TEL:0957-74-2261  FAX:0957-74-2266

島原半島に位置する雲仙・小浜温泉の旅館「春陽館」の公式HPです

ご予約・お問い合わせもお気軽にご連絡ください。

〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北本町1680
長崎県 小浜温泉 旅館 春陽館

ページの先頭に戻る